演出家 鈴木裕美による3つのワークショップ

演出家 鈴木裕美による3つのワークショップ

「どう創るか」を探る

カテゴリ

ワークショップ

イベントタイトル

演出家 鈴木裕美による3つのワークショップ

開催期間

2017-11-14 から 2017-12-05

詳細
小劇場から大劇場、ストレートプレイ、ミュージカルと多種多様なジャンルで精力的に活動する 演出家 鈴木裕美が、新たな人材養成、俳優発掘、スキルアップを目的にワークショップを行います!
-------------------------

<鈴木裕美よりメッセージ>

今回3つのワークショップをやります。

1.	俳優ワークショップ
2.	ミュージカル俳優ワークショップ
3.	演出家ワークショップ 

1は、今までも何回かやってきた、自分をプロの俳優だと思う方対象の俳優ワークショップです。シアターゲームや、ストレートプレイのシーンスタディが中心となります。 

2は、そこに歌とダンスが加わります。私はミュージカルの歌は、台詞がたまたま音楽に乗っているものと考えているので、大きな意味では1の、俳優ワークショップと変わりません。
譜面と戯曲の読み取り方の技術は似ている、また、ダンスの振付と台詞は似ている、という考え方で、ミュージカルのシーンスタディをやろうと思っています。 
このワークショップは、プロの俳優さんであればミュージカルに出演したことのない方でも大歓迎です。 

3は多少説明が必要だと思います。 
まずこれはプロの演出家の方だけが対象ではありません。
演出家になりたい方、なりたいわけではないが、俳優と演出家がどのように稽古をするのかを見たい方の、オブザーバー(見学者)としての参加も可能です。

実際の内容ですが、
まだお名前は提示できませんが、数名のプロの俳優さんを稽古場にお招きします。実際に演出することを希望する参加者の皆さんには、俳優さんと一緒に戯曲のある場面の稽古をして頂きます。
演出家のシーンスタディだと思って頂ければいいと思います。
その稽古を皆で見て、見学者の方も含めてディスカッションをしたいと思っています。

演出には、「何を創るか」という側面と、「どう創るか」という側面があると思います。
「何を創るか」は、人それぞれで、教えたり教わったりするものではないでしょう。
このワークショップでは、「どう創るか」、つまり、俳優と演出家のコミュニケーションの問題を、実際稽古をして頂くことで、
皆で探っていきたいと考えています。

私の演出家としての考え方をお話しすることはあると思いますが、私が何かをレクチャーをするワークショップではありません。

来年は恐らく、ワークショップはやれないと思います。なので、今回欲張って3つのワークショップをやることにしました。
皆さま是非ご参加下さい。

鈴木裕美

-------------------------

※日程・時間・金額・応募資格・必要書類が異なります。詳細をご確認の上ご応募ください。
http://www.bug-corp.com/yumisuzuki

本ワークショップの演出助手をしてくださる方も募集しています。別途お問合せください。

応募資料送付先/お問合わせ先
バグ・ミュージック株式会社 〒150-0011 東京都渋谷区東3-16-1 BELL THE EBISU 6F
TEL:03-3797-0513 FAX:03-3406-8533 E-MAIL:s-info@bug-corp.com